逆流性食道炎とは

スポンサードリンク

逆流性食道炎とはどんな病気?

逆流性食道炎とは

 

逆流性食道炎とは胃酸や胃でドロドロに溶けた食事内容物が食道に逆流し、
食道が傷つき炎症が起こり、潰瘍ができたりする病気のことです。
胃酸はpHが1〜2の塩酸と同じです。

 

金属の一種であるアルミニウムでさえ
塩酸の中に入れると泡が出ながら少しずつ溶けていきます。

 

塩酸の威力をこちらの動画でチェックしてください。

 

 

どうですか?

 

金属でさえ泡を出しながら溶かしてしまう塩酸と同じ胃酸が
食道に逆流するのが逆流性食道炎です。

 

どう考えても、食道が傷ついて胸の痛みが出るでしょう。

 

また、喉まで胃酸が逆流したらのどの痛みが出るのはなんとなくわかっていただけるでしょう。

 

逆流性食道炎とはそんな感じで逆流した胃酸によって
胸や喉が傷ついて、日常生活に悪影響が出てしまう病気です。

 

逆流性食道炎の原因は
  • 猫背によって胃が圧迫されること
  • 暴飲暴食
  • ストレス
  • 喫煙
  • 炭酸飲料の飲みすぎ

 

などいろいろあります。

 

ストレスが原因で逆流性食道炎が起こることってあるの?

 

逆流性食道炎はタバコが原因でなるの?

 

高齢者が逆流性食道炎になりやすい原因とは?

 

お医者さんが逆流性食道炎だと診断したならお薬で治療します。

 

逆流性食道炎のお薬は大きく分けて3種類あります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

逆流性食道炎に使う3つのお薬の効果とは?

 

以上逆流性食道炎とは?に関して解説しました。

スポンサードリンク


 
トップ 目次 おすすめ市販薬 薬なしで治すには? 治し方