ペプシン トリプシン 違い

スポンサードリンク

ペプシンとトリプシンの違いは?

ペプシン トリプシン 違い

 

ペプシンとトリプシンの違いについて解説します。
と、その前に胃や腸にについて説明させてくださいね。

 

胃は食べ物をドロドロに溶かす役割があります。
それから腸はドロドロに溶かされた食べ物を吸収する役割があります。

 

と簡単に胃と腸の役割について書きました。
が、もう少し詳しく解説すると食べ物にはいろんな栄養素が入っていますね。

 

たとえば食べ物にはタンパク質が入っています。
タンパク質はアミノ酸という物質がたくさんくっついてできています。
とはいえ、腸では大きなタンパク質は吸収できません。

 

一度タンパク質を分解して小さなアミノ酸にします。
アミノ酸になってようやく腸で栄養素として吸収できるようになるんです。

 

ペプシン トリプシン

 

こんな感じでタンパク質がアミノ酸に変わってようやく
腸から吸収され私たちの体で利用されるようになります

 

で、胃や腸でタンパク質をアミノ酸に分解するのに
役立っているのが今回の記事のテーマである

 

  • ペプシン
  • トリプシン

 

です。

 

ではここからが本題です。

 

ペプシンとトリプシンの違いって何でしょう?

 

ペプシンとトリプシンの違いって何?

 

ペプシン トリプシン

 

ペプシンもトリプシンもタンパク質を消化する酵素である点は
共通です。

 

 

ですが、

 

  • ペプシンは胃液に
  • トリプシンは膵液に

 

含まれています。

 

つまり、ペプシンとトリプシンではタンパク質を分解して
アミノ酸にするという役割は同じですが、活躍の場所が違うわけですね。

 

具体的にはペプシンは胃液がある環境で活躍できるわけですから
胃で働いています。

 

これに対してトリプシンは膵液として分泌されて十二指腸で活躍します。
ここががペプシンとトリプシンの最大の違いといえます。

 

またペプシンは胃で分泌されてタンパク質をペプトンという物質に変えます。
ペプトンはアミノ酸がくっついている状態です。

 

なんでペプシンだけでは完全にタンパク質をアミノ酸にまで分解できていません。

 

ペプシン トリプシン

 

で、胃でペプトンになった状態です
十二指腸に移動し、トリプシンによってさらに分解され
オリゴペプチドになります。

 

オリゴペプチドはペプトンよりも
さらにタンパク質が分解されて細かい状態になっています。

 

ちなみにオリゴペプチドはペプチダーゼによって
最終的にアミノ酸に変わって十二指腸から吸収される状態になります。

 

最後にまとめますと

 

ペプシンとトリプシンの違いは
  • ペプシンは胃でタンパク質をペプトンに変える
  • トリプシンは十二指腸でペプトンをオリゴペプチドに変える

 

です。

 

こちらも参考に!⇒薬が効かない状態でも逆流性食道炎を改善する方法

 

スポンサードリンク

関連ページ

ペプシンの働きを最大化する条件とは?
ペプシンの働きを最大化する条件についてわかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 おすすめ市販薬 薬なしで治すには? 治し方