食道裂孔ヘルニア 手術 メッシュ

スポンサードリンク

食道裂孔ヘルニアの手術でメッシュを使うメリットとデメリットとは?

食道裂孔ヘルニアの治療法の一つに手術があります。
どんな手術をするか?まず説明します。

 

食道裂孔ヘルニアの手術

 

体に小さな孔を5か所開けて、その孔から腹腔鏡を入れて
テレビモニターで確認しながら手術をするのです。

 

食道裂孔ヘルニアは胃が胸側に入り込んでしまう病気です。
だから腹腔鏡を使って胃を元の位置に戻す手術を行います。

 

具体的な手術内容はこちらの動画でご確認ください。
(出血は臓器を見るのが苦手な方は見ないでくださいね)

 

 

ただ、食道裂孔ヘルニアの手術をしても中には再発する患者さんもいます。

 

  • 肥満の方
  • 食道裂孔の孔が大きい(3cm以上)の方
  • 75歳以上の高齢者

 

の3つに当てはまる方ほど、
胃がまた胸よりに位置に移動してしまい
食道裂孔ヘルニアを起こしてしまいます。

 

というのも食道裂孔ヘルニアは食道裂孔という孔から
胃が移動してしまう病気だからです。

 

肥満の方の方が内部に腹圧がかかりますから
胃が胸の方に押し出されやすいです。

 

食道裂孔の孔が大きい方が胃が移動しやすいし、
高齢者の方が筋肉が緩みやすくなっているので
胃を元の位置に維持しにくいので食道裂孔ヘルニアを起こしやすくなります。

 

食道裂孔ヘルニアの手術

 

じゃ、再発を防ぐためにいい手術法はないのか?ということで
メッシュを使う手術法が開発されたのです。

 

上記の動画でもメッシュを利用していましたが
メッシュで補強することで食道裂孔から胃が移動するのを防ぐのです。

 

これがメッシュを使った手術法のメリットです。
食道裂孔ヘルニアの手術後の再発が起こりにくいということです。

 

しかもこのメッシュは体に残しても問題ありません。

 

ところがメッシュを使った手術法にはデメリットもあります。
メッシュを使うと食道に潰瘍ができたり食道が狭窄といって細くなり
食事がしにくくなるというデメリットがあるのです。

 

 

以上、食道裂孔ヘルニアの手術で用いられるメッシュは

  • メリットとして再発しにくくなる
  • デメリットとして食道に潰瘍ができたり狭窄ができることがある

 

でした。

 

食道裂孔ヘルニアの手術でメッシュを使うメリットとデメリットとは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

食道裂孔ヘルニアを悪化させる食事とは?
食道裂孔ヘルニアを悪化させる食事についてわかりやすく解説しました。
食道裂孔ヘルニアの症状はコチラをご覧ください!
食道裂孔ヘルニアの症状についてわかりやすく解説しました。
食道裂孔ヘルニアが原因でどうして逆流性食道炎になるの?
食道裂孔ヘルニアが原因でどうして逆流性食道炎になることがあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
大阪で食道裂孔ヘルニアの手術ができる病院は?
大阪で食道裂孔ヘルニアの手術ができる病院をご紹介します。
食道裂孔ヘルニアで滑脱型とはどんな状態?
食道裂孔ヘルニアで滑脱型とはどんな状態なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
食道裂孔ヘルニアの手術方法は?費用はいくら?
食道裂孔ヘルニアの手術方法はいくらでしょう?あと、食道裂孔ヘルニアの手術費用はいくらなのかについてもわかりやすく解説しました。
食道裂孔ヘルニアに効果のあるお薬とは?
食道裂孔ヘルニアに効果のあるお薬についてわかりやすく解説しました。
食道裂孔ヘルニアの治療法は?
食道裂孔ヘルニアの治療法についてわかりやすく解説しました。
食道裂孔ヘルニアに痛みはある?
食道裂孔ヘルニアに痛みはあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
食道裂孔ヘルニアの4つの原因とは?
食道裂孔ヘルニアの4つの原因についてわかりやすく解説しました。
食道裂孔ヘルニアとはどんな病気?
食道裂孔ヘルニアとはどんな病気なのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 おすすめ市販薬 薬なしで治すには? 治し方