食後 胸焼け 原因

スポンサードリンク

食後に胸焼けする原因とは?

脂肪分の多い食事を食べすぎると
胸焼けがして「食べ過ぎて失敗したな」と後悔したことがありませんか?

 

胸焼け

 

もちろん、食べ過ぎて胸焼けがしているだけなら誰でもよくあることです。

 

でも普段の食事で食後、毎回胸焼けがするようなら
逆流性食道炎の可能性があります。

 

逆流性食道炎は胃酸が食道に逆流する病気です。

 

胃酸は塩酸と同じです。塩酸はコンクリートさえも溶かす超強力な液体です。
実際に塩酸でコンクリートを溶かしている動画をご覧ください。

 

 

こんな液体が食道に逆流したら胸焼けがするのは当たり前のように思えてくるはずです。

 

さらに詳しく食後になると胸焼けがする原因について解説します。

 

食後は胃に食べ物がたまった状態になっています。
食べ物だけでなく空気も胃にたまっています。

 

呼吸しながら口に食べ物を入れるので空気が胃に入るのは仕方がありません。
ただ、その空気も食道に逆流してくる結果、ゲップがでることがあるわけですね。

 

また空気だけでなく胃酸も逆流してくるために胸焼けがするわけです。

 

で、なぜ胃酸や空気が逆流するか?ですが
胃と食道の間には下部食道括約筋があります。

 

下部食道括約筋の場所はこちらの画像でご確認ください。

 

下部食道括約筋

 

下部食道括約筋は普通食べ物が口から入るときには、緩むので
スムーズに胃に入って行きます。

 

食べ終わったら、つまり食後は下部食道括約筋が締まり
逆流できなくなっているのです。

 

でも、脂肪分の多い食事をしたり逆流性食道炎の患者さんは
食後でも下部食道括約筋が緩みがちです。

 

そのため、食後なのに下部食道括約筋が緩み胃酸が逆流し胸焼けがするのです。

 

つまり、脂肪分の多い食事をした場合、それと逆流性食道炎の患者さんは食後、下部食道括約筋が緩み、胃酸が逆流し胸焼けをするわけですね。

 

ということで食後、胸やけがする原因は
  • 逆流性食道炎の患者さん
  • 脂肪分の多い食事の摂りすぎ

 

のどちらかが多いです。

 

「じゃ、食後の胸焼けを防ぐにはどうすればいいの?」
と疑問に感じる方もいるでしょう。

 

胸焼けについて説明する医師

 

食後の胸焼けを防ぐには唾液を多く出すことです。

 

唾液はアルカリ性で胃酸は酸性です。

 

唾液と胃酸が混ざれば中和され、仮に胃酸が逆流しても
食道が痛めつけられずにすむため胸焼けがしなくなります。

 

「でも、唾液ってそんなコントロールできません!
梅干しでも想像したらいいですか?」と疑問に感じる方もいるでしょう。

 

結論としてはガムを噛むことです。

 

ガムで胸焼けを予防

 

ガムを噛めば唾液がたくさん分泌されます。
食後、胸やけがしてつらい方はガムを噛みましょう。

 

この記事では食後、胸焼けがする原因として

  • 脂肪分の多い食事
  • 逆流性食道炎

 

を挙げましたが、他にも胃酸が逆流しやすくなる食事はいろいろあります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
食事はどうする?逆流性食道炎の治し方について

スポンサードリンク

関連ページ

お酒は胸焼けの原因になるの?
お酒は胸焼けの原因になるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
胸焼けとはどんな症状のことを言うの?
胸焼けとはどんな症状のことを言うのでしょうか?わかりやすく解説しました。
心臓病が原因で胸焼けの症状がでる理由とは?
心臓病が原因で胸焼けの症状がでる理由についてわかりやすく解説しました。
胸焼けで吐き気やゲップがでるのはなぜ?
胸焼けで吐き気やゲップがでるのはなぜでしょうか?原因について解説します。
空腹時に胸焼けがする原因とは?
空腹時に胸焼けがする原因についてわかりやすく解説しました。
糖分が原因で胸焼けが起こることってあるの?
糖分が原因で胸焼けが起こることってあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
胸焼けが朝起こる原因は?
胸焼けが朝起こる原因についてわかりやすく解説しました。
胃痛や胸焼けが起こる原因は?
胃痛や胸焼けが起こる原因についてわかりやすく解説しました。
ストレスが原因で胸焼けがすることってあるの?
ストレスが原因で胸焼けがすることってあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
油は胸焼けの原因になりえるの?
油は胸焼けの原因になりえるのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 おすすめ市販薬 薬なしで治すには? 治し方