胸焼け 原因 酒

スポンサードリンク

お酒は胸焼けの原因になるの?

お酒を飲むとテンションが上がります。
普段は言えないことが言えたりして場が盛り上がりますね。

 

お酒

 

たとえば、好きだけど恥ずかしくて言えない相手にも
「好きだよ」って言えたりします。

 

でも、調子に乗ってお酒を飲みすぎてしまうと
次の日の朝、胃が痛くなったり胸焼けがしたりしてつらい思いをするわけです。

 

つまり、お酒は胸焼けの原因になります。

 

どうしてお酒を飲むと胸焼けがすることがあるのでしょうか?

 

お酒を飲むと胸焼けがする原因は?

 

胸焼けは塩酸の一種である胃酸が胃から食道に逆流することで起こる症状です。

 

胸焼けは脂肪分の多いものを食べすぎると起こります。
胃と食道の間には食道括約筋があります。

 

食道括約筋の場所はこちらの画像でご確認ください。

 

下部食道括約筋

 

食事をして胃に食べ物が入ったら食道括約筋は締まります。
そして食べ物が食道に逆流しないようにしているわけです。

 

でも脂肪分の多い食事を摂りすぎると、
食道括約筋がゆるみがちになります。

 

その結果、胃酸が逆流してしまい食道を傷つけ
胸焼けがするわけです。

 

ではお酒を飲むとどうして胸焼けがするのでしょう?

 

胃の内部は普段は粘液というネバネバした液体で覆われています。

 

粘液のおかげで唐辛子などの刺激物や固い食べ物が
胃の粘膜を傷つけるのを防いているのです。

 

お酒

 

ところがお酒の主成分であるアルコールってかなり小さい物質です。
アルコールは胃の粘液よりも小さいので粘液を通り抜けて胃の粘膜に刺激を与えてしまいます。

 

その結果、胃炎を起こしてしまい、胃が痛くなってしまうわけです。
また、アルコールが胃の粘膜を刺激すると胃炎になるだけでなく胃酸の分泌も促します。

 

そのため胃酸が大量に分泌されます。

 

胃酸の量が増えると食道に逆流しやすくなります。
特に体を横にすると胃酸は食道に逆流しやすくなるので
お酒を飲んだ翌朝は胸焼けがするわけです。

 

立っているときと寝ている時だったら
どう考えても寝ている時の方が胃酸が食道に逆流しやすいです。

 

なので、お酒を飲んだ日は胃酸が逆流しないように寝方を工夫しましょう。

 

こちらの記事を参考にしてくださいね。
逆流性食道炎の治し方|寝方のポイントを3つご紹介します

スポンサードリンク

関連ページ

食後に胸焼けする原因とは?
食後に胸焼けする原因についてわかりやすく解説しました。
胸焼けとはどんな症状のことを言うの?
胸焼けとはどんな症状のことを言うのでしょうか?わかりやすく解説しました。
心臓病が原因で胸焼けの症状がでる理由とは?
心臓病が原因で胸焼けの症状がでる理由についてわかりやすく解説しました。
胸焼けで吐き気やゲップがでるのはなぜ?
胸焼けで吐き気やゲップがでるのはなぜでしょうか?原因について解説します。
空腹時に胸焼けがする原因とは?
空腹時に胸焼けがする原因についてわかりやすく解説しました。
糖分が原因で胸焼けが起こることってあるの?
糖分が原因で胸焼けが起こることってあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
胸焼けが朝起こる原因は?
胸焼けが朝起こる原因についてわかりやすく解説しました。
胃痛や胸焼けが起こる原因は?
胃痛や胸焼けが起こる原因についてわかりやすく解説しました。
ストレスが原因で胸焼けがすることってあるの?
ストレスが原因で胸焼けがすることってあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
油は胸焼けの原因になりえるの?
油は胸焼けの原因になりえるのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 おすすめ市販薬 薬なしで治すには? 治し方