逆流性食道炎 咳 夜

スポンサードリンク

なぜ逆流性食道炎による咳は夜に多いの?

逆流性食道炎は胸やけがしたり喉がイガイガしたりゲップしたりする症状が特徴的です。
逆流性食道炎の症状としてゲップがでることがあるの?

 

逆流性食道炎でゲップ

 

上記のような症状が長く続くなら逆流性食道炎の可能性が高いです。
逆流性食道炎は他にも咳の症状が出ることがあります。

 

「咳っていったら風邪とか花粉症の症状じゃないの?」と疑問に感じる方もいるでしょう。

 

逆流性食道炎は食道に胃酸が逆流する病気です。
咳の症状は出なさそうです。胃や食道と咳の関係がよくわかりませんからね。

 

ですが、胃酸が喉に逆流してくることで
間違って気管に入りむせるような咳をすることもあります。

 

では、逆流性食道炎の症状として起こる咳の特徴ってわかりますか?

 

たとえば風邪が原因で咳をしているなら
寝ているときも、昼も朝もどんなときでも咳が続きますね。

 

でも、逆流性食道炎による咳の症状は夜に出やすいのが特徴です。

 

なぜ逆流性食道炎による咳は夜に多いと思いますか?

 

夜は体を横にして寝ている時間帯です。
体を横にして寝ることで胃酸が逆流しやすくなります。

 

そして、喉まで胃酸が逆流し気管に入りむせるように
「ゴホゴホ」と咳が出るわけです。

 

これが逆流性食道炎による咳の症状は夜に多い理由です。

 

と考えると、深夜のお仕事をしていて昼に寝ている方だと昼に咳が多くなるわけですね。
ともあれ、逆流性食道炎による咳は寝ている時間帯に起こりやすいのは確かです。

 

なので、逆流性食道炎を防止するための寝方について解説しました。
逆流性食道炎の治し方|寝方のポイントを3つご紹介します

スポンサードリンク

関連ページ

逆流性食道炎による咳の特徴とは?
逆流性食道炎による咳の特徴についてわかりやすく解説しました。
逆流性食道炎で咳がでる原因とは?
逆流性食道炎で咳がでる原因についてわかりやすく解説しました。
逆流性食道炎による咳の治し方は?
逆流性食道炎による咳の治し方についてわかりやすく解説しました。
咳が止まらない!逆流性食道炎が関係しているの?
咳が止まらない場合、逆流性食道炎が関係していることってあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
逆流性食道炎による咳におすすめの漢方を3つご紹介します!
逆流性食道炎による咳におすすめの漢方を3つご紹介させていただきます。咳でお悩みの方はご覧ください。
逆流性食道炎で咳がでたり嘔吐する原因は?
逆流性食道炎で咳がでたり嘔吐する原因について解説します。
逆流性食道炎による咳に効く薬は?
逆流性食道炎による咳に効く薬についてわかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 おすすめ市販薬 薬なしで治すには? 治し方