逆流性食道炎 咳 特徴

スポンサードリンク

逆流性食道炎による咳の特徴とは?

「ゴホンゴホン」と咳をする原因には風邪や空気の乾燥があります。
風邪の場合にはウイルスが喉に感染し炎症を起こした刺激で咳をします。

 

咳

 

空気の乾燥の場合には、普段は潤っていた喉が乾燥することで
刺激を感じやすくなり、咳が出るのです。

 

咳は風邪や空気の乾燥以外にも逆流性食道炎でも起こります。

 

逆流性食道炎は胃酸が出過ぎて食道や喉まで逆流してくることで
胸やけがしたり、喉に痛みがでる病気です。

 

胃酸が喉にあたり痛みがでるくらいの刺激があるわけですから
咳をしてしまうのも、なんとなくわかっていただけるでしょう。

 

この記事では逆流性食道炎による咳の特徴について解説します。

 

あなたがした咳が風邪や空気の乾燥なのか、
それとも逆流性食道炎によるものなのか?把握することで、
適切な治療を受けることができるわけです。

 

逆流性食道炎について説明する医師

 

風邪が原因の咳なら安静にしてよく寝て
タンパク質の多い肉類や魚類を食べて体力をつければ、
よほどの事がない限り、少しずつ状態が改善してくるでしょう。

 

空気の乾燥が原因で咳をしているなら
加湿器をつけることが重要です。

 

逆流性食道炎が原因で咳をしているなら
普段の食事から変えていくことが重要です。

 

この食べ物は避けよう!逆流性食道炎の治し方

 

逆流性食道炎による咳の特徴とは?

 

まず逆流性食道炎は先ほども申しましたが
胃酸が出過ぎて食道や喉にまで逆流してしまう病気です。

 

胃酸が出過ぎると胸やけがしますし、気持ち悪いので食欲がわきません。
これらの症状に加えて咳をするなら逆流性食道炎による咳の可能性が高いでしょう。

 

逆流性食道炎について説明する医師

 

あと、逆流性食道炎による咳の最大の特徴は
夜寝ている時や横になっているときほど咳がひどくなることです。

 

どういうことかというと
寝ていたり体を横にすることで、胃酸が逆流しやすくなります。
その結果、喉に胃酸が当たり刺激で咳が出るわけです。

 

風邪や空気の乾燥が原因であれば、寝ていたり体を横にしたからと言って
咳がひどくなるということはありません。

 

後は、ベルトを締めすぎると咳がひどくなるのも逆流性食道炎による咳の特徴です。

 

ベルトを締めすぎたらお腹に締め付けすぎることにもなります。
すると、胃を圧迫するので、胃酸が逆流しやすくなるわけです。

 

その結果、喉に胃酸があたりやすくなり、咳がひどくなるわけです。

 

最後にまとめますと、逆流性食道炎による咳の特徴は
夜寝ている時や横になっているときに咳がひどくなる
ベルトを締めすぎると咳がひどくなる

 

です。

 

もし上記のような症状があったら逆流性食道炎を治すことを考えましょう。

 

薬が効かない状態でも逆流性食道炎を改善する方法

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

なぜ逆流性食道炎による咳は夜に多いの?
なぜ逆流性食道炎による咳は夜に多いのでしょうか?わかりやすく解説しました。
逆流性食道炎で咳がでる原因とは?
逆流性食道炎で咳がでる原因についてわかりやすく解説しました。
逆流性食道炎による咳の治し方は?
逆流性食道炎による咳の治し方についてわかりやすく解説しました。
咳が止まらない!逆流性食道炎が関係しているの?
咳が止まらない場合、逆流性食道炎が関係していることってあるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
逆流性食道炎による咳におすすめの漢方を3つご紹介します!
逆流性食道炎による咳におすすめの漢方を3つご紹介させていただきます。咳でお悩みの方はご覧ください。
逆流性食道炎で咳がでたり嘔吐する原因は?
逆流性食道炎で咳がでたり嘔吐する原因について解説します。
逆流性食道炎による咳に効く薬は?
逆流性食道炎による咳に効く薬についてわかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 おすすめ市販薬 薬なしで治すには? 治し方