バレット食道 治療薬

スポンサードリンク

バレット食道の治療薬は?

バレット食道 治療薬

 

この記事ではバレット食道の治療薬について解説します。

 

そもそもバレット食道は胃液が食道に逆流してくることで起こります。
つまり当サイトのテーマである逆流性食道炎と病気のメカニズムが非常に似ているわけですね。

 

だからバレット食道の治療薬は逆流性食道炎の治療薬とかなり似ています。

 

バレット食道の治療薬としてほとんどのお医者さんが処方するのは
プロトンポンプ阻害薬です。

 

プロトンポンプ阻害薬は胃液の分泌を抑えるお薬です。

 

プロトンポンプ阻害薬

 

ちなみに胃液の分泌を抑えるお薬には
  • H2ブロッカー
  • プロトンポンプ阻害薬

 

の2種類があります。

 

胃液を抑える効果の強さとしては圧倒的にプロトンポンプ阻害薬の方が上です。
しかも1回プロトンポンプ阻害薬飲めば1日効果が続きます。

 

これに対してH2ブロッカーの場合には1日2回飲まないといけません。

 

バレット食道は胃液が食道に逆流して起こる病気。
胃液が逆流するのは、そもそもの胃から分泌される
胃液の分泌量が多い可能性が高いです。

 

そのため強力な胃液を抑える作用のある
プロトンポンプ阻害薬が処方されるわけですね。

 

PPI

 

プロトンポンプ阻害薬には
  • オメプラール
  • オメプラゾン
  • タケプロン
  • パリエット
  • ネキシウム
  • タケキャブ

 

などがあります。

 

あとバレット食道の治療薬としてはCOX-2阻害剤があります。

 

私たちの体の中にはシクロオキシゲナーゼという物質があります。
シクロオキシゲナーゼをCOX(コックス)といいます。

 

COXには
  • COX-1
  • COX-2

 

の2種類があります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。
COX-1とCOX-2について

 

上記のサイトはペットのお薬についてのものですが
COX-1とCOX-2について詳しく解説されています。

 

COX-2阻害剤

 

話は戻ってCOX-2を阻害するお薬を飲むことで
バレット食道の細胞分裂を抑えることができたという研究結果があります。

 

バレット食道が進行するとバレット腺癌というガンになってしまうことがあるのです。

 

だからCOX-2阻害剤でバレット食道の細胞分裂を抑えることで
バレット腺癌になるのを抑えることができます。

 

ただ現在のところ、バレット食道に使用できる
COX-2阻害剤は日本にはありません。

 

以上でバレット食道の治療薬についての解説を終わります。

 

こちらも参考に!⇒薬が効かない状態でも逆流性食道炎を改善する方法

 

スポンサードリンク

関連ページ

バレット食道は治る病気?
バレット食道は治る病気なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
バレット食道の原因は?
バレット食道の原因についてわかりやすく解説しました。
バレット食道と癌の関係
バレット食道と癌の関係についてわかりやすく解説しました。
バレット食道でもSSBEの発がん確率は何%?
バレット食道でもSSBEの発がん確率は何%くらいなのでしょうか?わかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 おすすめ市販薬 薬なしで治すには? 治し方