食後 胃痛 胸焼け

スポンサードリンク

食後に胃痛・胸焼けが起こる3つの原因とは?

食後 胃痛 胸焼け

 

食後に胃痛や胸焼けが起こることがあります。

 

なぜ食事をした後に胃が痛くなったり胸が焼けるような感覚になることがあるのでしょうか?

 

 

食後に胃痛や胸焼けの症状がでる原因3つとは?

 

原因1.食べ過ぎや飲み過ぎ

 

暴飲暴食

 

これが一番よくある原因です。

 

タバスコや唐辛子が大量に入った刺激物をたくさん食べたり
さらにお酒をガンガン飲むと、胃に負担がかかります。

 

すると、必死で胃が頑張って食べたものを消化しようと頑張ります。
大量に胃酸が分泌されます。

 

その結果、胃酸があふれ返り食道に逆流し、
胸が焼けたような感覚、つまり胸焼けを起こしたり胃痛の症状が出たります。

 

もし食後に胃痛や胸焼けの症状があったとして
暴飲暴食したという自覚があるなら、そこまで心配する必要はないでしょう。

 

原因2.機能性胃腸症

 

機能性胃腸症

 

機能性胃腸症は長期間、胃痛や食欲不振などの胃特有の症状があるのに
内視鏡検査などの精密検査を受けても異常がみつからない状態をいいます。

 

ストレスや疲れが原因の一つと考えられています。

 

機能性胃腸症も胃が弱っているので食後に胃痛や胸焼けの症状が出やすいです。
治療法についてはこちらの記事をご覧ください。
機能性胃腸症の治し方

 

原因3.胃潰瘍

 

胃潰瘍

 

胃潰瘍は胃の粘膜が深く傷ついている状態をいいます。
ストレスや暴飲暴食が続いて胃が荒れすぎた結果胃潰瘍になってしまいます。

 

他にもヘリコバクターピロリ菌の感染で胃潰瘍になることもあります。

 

とにかく胃潰瘍は胃の粘膜が深く傷ついている状態
そこに食べ物がやってきたら、めちゃくちゃ痛いでしょう。

 

しかも胃潰瘍の原因はストレスや暴飲暴食が続いた結果です。
ストレスでも暴飲暴食でも胃酸が大量に出ます。

 

胃酸が大量に出ると、食道に逆流しやすいです。
食道に胃酸が逆流して胸が焼ける感じを胸焼けといいます。

 

だから胃潰瘍になると食後に胃痛と胸焼けの症状が出やすくなるわけです。

 

今回の記事では食後に胃痛や胸焼けが起こる原因を3つご紹介しました。
ただ、他にも胃がんでも同様の症状が出ますし、他の病気でも出ることがあります。

 

食後に胃痛や胸焼けが起こりやすい方は
一度、病院で診察を受けることをおすすめします。

 

こちらも参考に!⇒胃痛・胸焼け・頭痛を伴うなら5つの病気の可能性

 

スポンサードリンク

関連ページ

胃痛・胸焼け・頭痛を伴うなら5つの病気の可能性があります
胃痛・胸焼け・頭痛を伴うなら5つの病気の可能性があるので、詳しく解説します。

 
トップ 目次 おすすめ市販薬 薬なしで治すには? 治し方