胃痛 胸焼け 頭痛

スポンサードリンク

胃痛・胸焼け・頭痛を伴うなら5つの病気の可能性

胃痛 胸焼け 頭痛

 

胃痛がひどいとき、たいてい胸焼けもします。
なぜなら胃痛の原因の多くは胃酸の出すぎだからです。

 

胃酸は正常な量なら食べ物を溶かすだけで胃痛の原因にはなりません。
ですが、異常に多い量の胃酸が出ると胃を傷つけてしまうのです。
だから胃痛が起こるわけです。

 

しかも胃酸が出すぎると食道に逆流しやすくなります。
胃酸があふれかえってしまうわけです。

 

胃酸があふれかえると、胸のあたりが焼けたほうな感覚になります。
これを胸焼けといいます5つの病気をご紹介します。

 

 

胃痛と胸焼けに加えて頭痛の症状がでる5つの病気とは?

 

くも膜下出血

 

くも膜下出血

 

脳にある動脈という太い血管にできたコブが破裂する病気です。
動脈が破裂すると天井まで血液が吹き飛ぶくらいの勢いで出血します。

 

即死することもあります。

 

くも膜下出血が起こる直前の症状として胃痛、胸焼け、頭痛があります。
ただくも膜下出血による頭痛の症状は
バットで頭部を殴られるくらいの痛みだと言われています。

 

あなたに今起きている頭痛がバットで殴られるほどでないなら
くも膜下出血の可能性は低いでしょう。

 

ただ心配なら必ず医師の診察を受けるようにお願いします。

 

脳腫瘍

 

脳腫瘍

 

脳にシコリができる病気です。
シコリ(デキモノ)が脳を圧迫することで体に麻痺が起きたり
胃痛、胸焼け、頭痛などの症状がでることがあります。

 

脳腫瘍が原因で胃痛、胸焼け、頭痛が起きているなら
手足が痺れたり、目の前のものが二重に見えたりなどの症状が起こります。

 

脳腫瘍はMRI検査でわかります。
心配な方は脳神経外科を受診しましょう。

 

片頭痛(偏頭痛)

 

偏頭痛

 

女性に多い頭痛の一種です。
偏頭痛なら後頭部よりもこめかみあたりに痛みが出るはずです。
そして胸焼けや胃痛の症状がでることもあります。

 

他にも症状として目がチカチカすることもあります。
偏頭痛は頭部の血管が拡張することで周りの神経に当たり痛みが起こると考えられています。

 

偏頭痛に関してはこちらのサイトが詳しいです。
偏頭痛に詳しいおすすめのサイトはコチラ

 

緑内障

 

緑内障

 

眼圧が異常に高くなり目を圧迫することで痛みが出る病気です。
症状として胃痛、胸焼け、頭痛が起こることがあります。

 

緑内障でも急激に起きたものを急性緑内障といいます。
無治療でいると失明することがあります。

 

特に目のあたりを中心に痛みがあるようなら
すぐに眼科を受診するようにしましょう。

 

自律神経の不調

 

自律神経失調症

 

自律神経は胃や腸、心臓なら自分の意志で動かせないところを動かす神経です。
精神状態が悪いとうまく機能しなくなります。

 

その結果、胃の調子が悪くなったり頭痛が起きたりします。
自律神経の不調は心療内科で治療してもらえます。

 

以上が頭痛、胃痛、胸焼けの症状が出る可能性のある5つの病気でした。

 

こちらも参考に!⇒ストレスが原因で胸焼けがすることってあるの?

 

スポンサードリンク

関連ページ

食後に胃痛・胸焼けが起こる3つの原因とは?
食後に胃痛・胸焼けが起こる3つの原因についてわかりやすく解説しました。

 
トップ 目次 おすすめ市販薬 薬なしで治すには? 治し方